スケートボードを始めたいお客様に。

スケートボードを初めたいあなたに、あなただけの一台を。

​GRAVITYから簡単にわかりやすくご提案させていただきます。

まずは、デッキを選ぼう。

デッキとは、スケートボードのメインである板の部分の名称です。​

横幅のサイズが記載されることが多く、スケーターはこの横幅を目安に選ぶことが多い。

でも、ミリ単位の世界はひとまず置いておいて大丈夫。

​記念すべき人生で初めてのスケートボードは、好きなデザインで選んでみよう。

/デッキテープとは

デッキの表面に貼られている黒いざらざらの事です。

​困ったら[JESSUP/貼る]を選択するのがオススメ!

次に、トラックを選ぼう。

トラックとは、スケートボードの上下についている金属の部品のこと。

この部品によって左右に曲がったり、縁石にかけたりすることができる。

ターン性能(左右に曲がる能力)によって乗り心地が大きく変わる。

 

主なブランドごとの簡単な特徴をお伝えしますね!

INDEPENDENT (インディー)

すごく曲がりやすい。頑丈。一番古くからあるトラックメーカー。

VENTURE (ベンチャー)

インディーとは逆にあまり曲がらない。安定感。シンプルなデザイン。

THUNDER (サンダー)

​インディとベンチャーの中間くらい曲がる。とっても軽い。

といった感じで、特徴の違いがあります。

でも、人生最初のスケートボードはやっぱりデザインが一番大事。

さきほど選んだデッキのサイズに合わせてトラックのサイズを選んでください。

 

7.4~7.75インチの板をお選びの方

INDEPENDENT 129 / VENTURE 5.0 / THUNDER 145

7.75~8.125インチをお選びの方は

INDEPENDENT 139 / VENTURE 5.25 / THUNDER 147

8.125~8.378インチをお選びの方は

INDEPENDENT 144 / VENTURE 5.25 / THUNDER 148

初心者におすすめの足回りセットもあります。

迷った場合はこれを選ぶと間違いないです​!

ウィールを選ぼう。

ウィールとは、スケートボードのタイヤ部分の名称です。

大まかに2つ種類があり、ハードウィールとソフトウィールがあります。

 

ハードウィール / 硬くて軽い。音が出る。小さい(約50mm~55mm)

ソフトウィール / 柔らかくて重い。音が出にくい。大きい(55mm~65mm)

トリック重視の方はハードウィールを。

クルージング重視、とりあえず乗ることに慣れたい方はソフトウィールを。

ハードウィール

ソフトウィール

ソフトウィールを選択された方へ

56mm以上のソフトウィールを選択された方は、

デッキとウィールが引っかからないようにライザーパッドの装着をおすすめしております。

こちらから、ライザーパッドをカートに追加してください。

ベアリングを選ぼう。

ベアリングとは、さきほど選んだウィールを回転させるためのパーツ。

言わば、スケートボードのエンジンと言っても過言ではない。

この部品によって滑っているときのスピードが変わるので

慣れてきたらぜひ良いベアリングを使ってみて頂きたいです。

ちなみに、ABEC(エーベック)というベアリングの規格がありその数値が高いほうが性能が良い。​

ボルト(ビス)を選ぼう。

ビスとは​、デッキとトラックをつなぐパーツ。

シンプルなものから、カラフルなデザインのものもあります。

​デッキの表面にチラッと見えるカラービスはオシャレでもあり、前後を見分けやすくなります。

デッキテープを選ぼう。

デッキテープとは、デッキの表面に貼るざらざらのシート。

GRAVITYではデッキご購入の際に一枚無料でデッキテープが付いて来ますが

デザインにこだわったデッキテープを貼りたい方にオススメ。

​デッキと同時購入の場合、500円OFFとなっております!